診療のご案内

あわ歯科こども歯科クリニックは、あなたの「今」だけでなく「未来」も守る歯科医院です。

「痛くなったから歯科医院に行く」
「なんかここが気になるから歯科医院に行く」
今までは、こんな理由で歯医者に通われていた方が多いと思います。
しかし、その結果、日本は未だにお口の健康に関して予防後進国と言われています。

あわ歯科こども歯科クリニックでは、「今」だけでなくあなたの「未来」まで見据え、「歯を守る治療・予防」を提案しています。

わたし達は、歯科医療に従事しているからこそ、この世にあなたご自身の歯に勝るものはないことを知っています。
そして削ったり抜いたりした歯は、もう二度と元には戻りません。
あなたの今ある歯を、お口の健康を大切に、そして決して失うことのないよう、「定期検診」を受けていただきたい、と切に願っています。

あわ歯科こども歯科クリニックでは、患者様ひとりひとりにあったお口のケアを実施するため、唾液検査を勧めさせていただいております。

歯を失うということ

歯を失う原因として大きな「歯周病」は、要介護の原因となりうる様々な病気を引き起こす原因となったり、病気を悪化させたりします。
例えば、糖尿病や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、肥満、誤嚥性肺炎などです。さらに、関節リウマチ発症にも関わることがわかっています。
そして、歯周病により歯を失うと、一体何が起こるのでしょうか。
それは、食べ物を美味しく食べられないことはもちろん、以下のようなことが言われています。

  1. 食べ物をかめず、消化器官の負担が大きくなる。
  2. 力を入れることができない。
  3. かめないことで、血行が悪くなり認知症になりやすくなる。
  4. 虫歯菌や歯周病菌で敗血症や心臓疾患を起こすリスクがアップする。
  5. 定期的に来院され歯を残す習慣を持たれている方と比べ、医療費が3倍かかると言われている。

歯を10本以上失うと、肺炎による死亡率は2.5倍も高くなり、歯を20本以上失うと大腿骨(ふとももの骨)骨折はなんと5倍も増えるのです。
今、日本人の寿命は、医学の進歩によりどんどん伸びています。その中で、どう生きるかがとても大事です。
「寝たきり」の原因となる、転倒による骨折や、認知症、脳梗塞のリスクを、お口のケアによって大きく下げることができるのです。

日本はまだ予防後進国

実は、日本人成人の約8割もの人が「歯周病」です。
そして歯を失う原因の多くが、この「歯周病」と呼ばれる「歯茎の炎症」によるものです。
歯を磨く回数は多い日本人ですが、定期検診受診率に関しては、スウェーデン約90%、アメリカ約80%と言われる中で、日本はたったの6%なのです。そしてこれが、ほかの国と比較し80歳になったときの残存歯数の少なさに影響しています。

あわ歯科こども歯科クリニックでは、今ある健康を何よりも大切にして欲しい、そんな願いで定期検診を行なっています。

あなたの健康を守ることができるのは、間違いなくあなただけです。
私たちはそのためのサポートをしていきたいと思っています。

定期検診では何をする?何のため?

  • 虫歯になっていないか
  • 歯周病の程度や進行していないか
  • 歯科衛生士による口腔内クリーニング(普段自分の歯磨きでは落とせないバイオフィルム(細菌の膜)などを除去します)
  • 被せ物や詰め物に不具合がないか
  • お口の粘膜に異常がないか
  • 食生活や普段の歯磨きの仕方

など、様々なことをチェックします!

これにより

虫歯や歯周病になるリスクを大幅に軽減できる
万が一虫歯になってしまった場合でも早期の治療が可能(初期虫歯は削らなくて良いことも!)
定期検診、早期治療の方が費用を安く抑えられる → 生涯医療費も安くなるという報告があります!

そして、なにより将来的に自分の歯を残すことができ、一生自分の歯で食事ができます。

未来を担うこどもたちと、
その親御さんのための歯科医院です

徳島県徳島市佐古一番町に2021年3月31日開業予定の歯科医院です。
あなたご自身の歯に勝るものがないと知っている私たちは、あなたのお口の健康を守るため、
安心・丁寧・痛みの少ない治療を心がけ、日々診療しています。
本気で健康を守りたいと思うからこそ、妊婦さん、0歳のうちからのこどもたちの予防にも力を入れています。
皆さんが、歯科医院を楽しい場所・気持ちの良い場所と思って通っていただけるような歯科医院を目指しています。
徳島の皆様の健康を支えるホームドクターとして、何かお困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にご連絡・お立ち寄りください。

医院紹介 初めての方へ

徳島市佐古一番町に2021年3月31日 OPEN!